土地の名義変更手続ってどんな風にするの?

私たちが住んでいる家や所有している土地というのは、動かない資産である不動産とされます。

不動産を所有している人は多くいますが、ずっと同じ人が所有しているとは限らず、何かしらの理由によって、その家や土地を誰かに売ったり、譲ったりするということもあります。

土地や家などの不動産というのは、その所有者の氏名や住所などが、法務局にある登記簿というものに記載されていて、不動産の状況を把握して取引を安全かつ公正にするために誰でもそれを見る事ができます。

その他、法務局では、登記簿謄本や登記事項証明書というのを取得することもできます。

土地の名義変更といえば、わかりやすい例としては、不動産の所有者が亡くなった場合に、子や親族などに相続し、登記簿上の所有者であった故人の名義から、相続する人の名義にに変更する場合に行われる手続きです。

所有者の死亡による相続の他に土地の名義変更をする理由には、生前贈与、財産分与、売買という理由があります。

土地の名義変更をする場合には、不動産登記申請書、その他、印鑑証明書、登記の原因となった証明する情報について記されているもの、登記識別情報通知、住民票、固定資産評価証明書などが必要になり、その手続きには土地の権利者や義務者など関係する人と、相続する人全員がする必要があります。

土地の名義変更は、こうした手続きを専門に行っている司法書士などの事務所(不動産名義変更手続センター)に依頼して行うことが多いようです。